NEWS

Developers Summit 2018に出展します!

皆様、こんにちは、SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。

2018年2月15日(木)、16日(金)の二日間にわたり、Developers Summit 2018に出展いたします。

技術者のコミュニティから生まれたこのイベントをSIOS Coatiは応援します!

今年のテーマは

「変わるもの×変わらないもの」

 

技術の進化が目まぐるしい中で、エンジニアを取り巻く環境及びエンジニアに求められる役割が変化しようとしている中で、変わるものと変わらないものがあると。このような時代にどうエンジニアが立ち向かっていくかを一緒に考えるということがテーマとなっています。

 

確かにAI, Machine Learning, IoTなど新しい技術領域が増えてきて、かつすごいスピードで実用化に向かっています。エンジニアは我々の業界だけかと思っていましたが、すでに業種を超えてエンジニアは増えている。

またエンドユーザ側においてもエンジニアを育成して、自前でクラウド移行を進めている企業もどんどん増えています。

マーケティングの人間から見てもそうなのですから、実情はもっと変化しているのでしょう。

 

話は戻りますが、このイベントではAmazon EC2上で稼働するアプリケーションを自動復旧するクラウドサービスSIOS Coatiをご紹介します。ぜひ、お立ち寄りください。

概要

Developers Summit 2018

日時:2018年2月15日(木)、16日(金) 10:00~ 18:45(16日は18:25まで)
会場:ホテル雅叙園東京
(〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1)

本イベントの詳細、お申込みはこちらのサイトをご覧ください。

新年明けましておめでとうございます!

皆様、明けましておめでとうございます!

SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。

 

皆様は年末年始をいかがお過ごしされましたでしょうか?

 

今年もこちらのBlogではSIOS Coatiの機能、新サービスをはじめとし、

パブリッククラウドでの運用に関連する情報や技術情報を発信していきたいと思います。

 

また今年は昨年以上にイベントやセミナーの開催も行っていく予定ですので、

その辺の情報もこちらでお伝えしてまいります。

 

今年もクラウドはかわらず市場を大きくしていくと思いますので、

その中でSIOS Coatiが皆さんの運用を楽にしていくべく、様々な機能を追加し、ご提供していければと思います。

 

 

新サービス「AWS Fargate」のお試し体験の紹介

こんにちは、SIOS Coati開発チームの黒田です。

この時期は、AWS reinventが開催されており、たくさんの新サービスが発表されました。
私自身、この時期は新サービスの把握に追いつけていない状況ですw

今回は、新サービス「AWS Fargate」のお試し体験を紹介したいと思います。

AWS Fargateとは、一言でいうとフルマネージドコンテナサービスです。
AWSでコンテナサービスを利用する場合、Amazon Elastic Container Service (ECS)を利用して
インフラストラクチャー周りの管理が必要でしたが、AWS Fargateのサービス提供により、
コンテナイメージを作成し、CPUとメモリサイズを指定し、ネットワークとIAのポリシーを
定義するだけで、コンテナの利用が可能となりました。

AWS Fargateの詳細については、以下のサイトを参考にしてください。

AWS Fargate: サービス概要
AWS Fargate

AWS Fargateのサンプルを実行してみました

1. AWS Fargateへのログイン

現時点で、AWS Fargateは、バージニア北部(us-east-1)のみ利用可能となっていますので、
AWSへログイン後、バージニア北部のAmazon ECSのサービスを選択し、右上の「Get started」を選択してください。

2. Container and Task

まずコンテナとタスクを作成します。今回は、sample-appを選択し、「次」を選択します。

3. Service

サービスを選択ですが、デフォルトのまま「次」を選択します。

4. Cluster

クラスターを選択ですが、デフォルトのまま「次」を選択します。

5. Review

最後に内容を確認して、「作成」を選択します。

 

6. 作成

すべてのリソースがCompleteになったら「View service」を選択します。

7. サービスの確認

今回作成したsample-app-serviceサービスが「ACTIVE」になっており、
タスクも「RUNNING」になっていますね!!

また、各「詳細」、「イベント」、「Auto Scaling」、「デプロイ」、「メトリックス」、「Logs」の状況を確認することができます。

詳細

タスク

イベント

Auto Scaling

※今回はAuto Scalingの設定はしていません。

デプロイ

 

メトリックス

Logs

8. まとめ

今回は、サンプル実行のお試し体験の紹介でしたが、インフラストラクチャー管理が不要で
コンテナサービスが利用できるのは素晴らしいですね!
また、2018年以降、Amazon EKSでも利用可能となるみたいなので今後が楽しみですね!

Windows Server 2016に対応しました

SIOS Coati開発チームの清水です。

先日のアップデートで、SIOS Coatiで監視できるOSとして Windows Server 2016 に対応しました!

すでにSIOS Coatiをご利用の方は、特別な対応をしていただく必要はございません。
これまでと同様にセットアップしていただくことで、すぐに監視をはじめることができます。

まだSIOS Coatiを使ったことのないお客様で、Windows Server 2016をご利用の方は、是非この機会に無料トライアルでお試しください。

無料トライアルは こちらの製品ページ から申し込むことができます!

ソニー様の「マネージドクラウド with AWS」のソリューションメニューとして提供が開始されます!

皆様、こんにちは、SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。

この度SIOS Coatiはソニーネットワークコミュニケーションズ社が提供する「マネージドクラウド with AWS」のソリューションパッケージとして
販売を開始していただくこととなりました!

詳細はこちらからご覧ください!

こちらのソリューションはAWS Roadshowでご覧いただけますので、ぜひお立ち寄りください!

9/21(木)大阪会場
9/27(水)名古屋会場