SIOS Coati

LinuxからWindowsのコマンドをリモート実行するPythonモジュールpywinrm

SIOS Coati 開発チーム、沼野井です。正月に軍艦島に行って来ました。

前日の天気予報が雪で最悪ゥ―とか思っていたのですが、当日は幸いにも雪も雨も降らず、風もほぼ無風だったので、無事上陸を果たせました。

廃墟マニアならずとも見ごたえのある所でした。皆様もぜひどうぞ!

 

さて本日は、そんな軍艦島とは全く関係のないpywinrm のお話です。

Windowsマシンからリモートで接続されている別のWindowsマシンのコマンドやpowershellコマンドレットを実行するプロトコル(と実装)にWinRMがあります。
Linuxでも、WinRMのクライアントを導入すれば、このプロトコルを利用してWindowsを操作することが可能です。Pythonでそれを実行可能にするのが、pywinrmモジュールです。
今回はこのpywinrm導入の方法と実行の簡単な例を紹介したいと思います。

事前準備

今回ご紹介する例ではWindowsマシンへのアクセスにBasic認証を利用します。この場合、操作する対象のWindows上で以下の設定が必要です。

  • WinRMの通信ポートでの通信をできるようにしておく
    WinRMが使用するデフォルトのポート番号は5985です。
  • PowerShellリモーティングが有効になっている
    ご参考
  • Basic認証を許可する
    以下のコマンドです(要管理者権限)。
  • ネットワークがHomeまたはPrivateになっている
    [コントロールパネル]-[ファイアウォール]-[プライベートネットワーク] から設定できます(windows 10の場合)

 pywinrmの導入

Linux側へのpywinrm導入の手順です。
pipでepelリポジトリからインストールすることができますので、入っていない場合には先にそれらをインストールしてください。

 実行方法

pywinrmを使用した、Windowsリモートアクセスの方法です。

  1. セッションを張る
  2. コマンドを実行する
    1 で張ったセッションを利用します。
    PowerShellコマンドレットの場合は、run_ps()メソッドで実行します。

    Windowsコマンドの場合は、run_cmd()メソッドです。

実行例

WindowsコマンドとPowerShellコマンドレットで、現在日時を取得するサンプルです。

 

Basic認証以外を利用する場合

KerberosまたはCredSSLが使用できまするようです。(試してないです。すみません。)
その場合、別途モジュールの導入が必要です。
README を参照してください。

 


LinuxからWindowsを操作するケースは、様々な端末の操作自動化をLinuxにまとめてしまいたいというシチュエーションなどであるかも知れませんが、そのようなときにぜひご活用ください。

Developers Summit 2018に出展します!

皆様、こんにちは、SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。

2018年2月15日(木)、16日(金)の二日間にわたり、Developers Summit 2018に出展いたします。

技術者のコミュニティから生まれたこのイベントをSIOS Coatiは応援します!

今年のテーマは

「変わるもの×変わらないもの」

 

技術の進化が目まぐるしい中で、エンジニアを取り巻く環境及びエンジニアに求められる役割が変化しようとしている中で、変わるものと変わらないものがあると。このような時代にどうエンジニアが立ち向かっていくかを一緒に考えるということがテーマとなっています。

 

確かにAI, Machine Learning, IoTなど新しい技術領域が増えてきて、かつすごいスピードで実用化に向かっています。エンジニアは我々の業界だけかと思っていましたが、すでに業種を超えてエンジニアは増えている。

またエンドユーザ側においてもエンジニアを育成して、自前でクラウド移行を進めている企業もどんどん増えています。

マーケティングの人間から見てもそうなのですから、実情はもっと変化しているのでしょう。

 

話は戻りますが、このイベントではAmazon EC2上で稼働するアプリケーションを自動復旧するクラウドサービスSIOS Coatiをご紹介します。ぜひ、お立ち寄りください。

概要

Developers Summit 2018

日時:2018年2月15日(木)、16日(金) 10:00~ 18:45(16日は18:25まで)
会場:ホテル雅叙園東京
(〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1)

本イベントの詳細、お申込みはこちらのサイトをご覧ください。

新年明けましておめでとうございます!

皆様、明けましておめでとうございます!

SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。

 

皆様は年末年始をいかがお過ごしされましたでしょうか?

 

今年もこちらのBlogではSIOS Coatiの機能、新サービスをはじめとし、

パブリッククラウドでの運用に関連する情報や技術情報を発信していきたいと思います。

 

また今年は昨年以上にイベントやセミナーの開催も行っていく予定ですので、

その辺の情報もこちらでお伝えしてまいります。

 

今年もクラウドはかわらず市場を大きくしていくと思いますので、

その中でSIOS Coatiが皆さんの運用を楽にしていくべく、様々な機能を追加し、ご提供していければと思います。

 

 

12/8、AWS/ソニー/サイオス共催セミナー報告

皆様、こんにちは、SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。
12月8日(金)にAmazon Web Services Japan、ソニーネットワークコミュニケーションズ様と共催でのセミナーを開催いたしました。
当日はどんな話をしたのかと言いますと

オンプレミス環境からAWSへの移行の勘所
~プラン策定から移行、稼働までの概観をご紹介~

と題してAWS Japan様からオンプレからAWSに移行する時の手法、ツールについての紹介がありました。

最近はAWS関連のセミナーも基本的な移行方法であったり、移行するにあたって考えるべきことなどは減ってきていますが、ここでは本当に基本的なプランの策定をどうすべきか、移行時に注意すべき点はどこかなどを丁寧に紹介されていました。

こちらは開始前の会場。最終的には満席に。

 

そして次にソニーネットワークコミュニケーションズ様からは

移行して終わり!ではない…運用管理性を高める独自開発ツール“クラウドポータル”活用術

と題して、ソニー様が提供する独自開発のツール「クラウドポータル」のご紹介です。こちらのツールはAWSをはじめての方でも直感的に使える、既に利用されている方はもっと効率よく使えるよう、運用支援ツールです。
サービスの詳細はこちらをご確認ください。
なぜソニーネットワークコミュニケーションズと一緒にセミナーかと言いますと、このクラウドポータルとSIOS Coatiは連携しているのです。
クラウドポータルはAWSの利用状況を簡単に可視化できるサービスなのですが、こちらでSIOS Coatiの利用時間などを見ることができるのです。
なのでクラウドポータルとSIOS Coatiを一緒に使いたいなという方はソニーネットワークコミュニケーションズ様にご相談するとワンストップでサービスを利用することができます。
そして最後に私の方から

移行して終わり!ではない…不安から解放!ローコストな監視&自動復旧サービスとは

と題してSIOS Coatiの紹介をさせていただきました。
名古屋ではこれからAWSを利用という方が多いようで、みなさん移行後の運用について関心が強く、
多くの皆様が関心を持っていただけたみたいでした。
こちらのセミナーは来年また東京、大阪で開催を予定しております。
詳細決まりましたら、またご案内をさせていただきます。

re:Invent 2017に行ってきました

皆様、こんにちは、SIOS Coatiのマーケティング担当をしております吉岡です。
今年も昨年に続き、Amazon Web Serviceが主宰するイベントre:Invent 2017に行ってきました。
こちらのイベントはご存知の方も多いと思いますが、年々規模が拡大していき、
昨年は約30,000人で、今年は43,000人でライブストリーミングには60,000人が参加となりました。
こちらはメイン会場へのゲートです。
イベントそのものの内容ですとかはAWS Japanをはじめ、様々な方々紹介しているので、ここではISVの視点でお話をしたいと思います。
re:Inventではセッションだけではなく、ISVによる展示会場があり、多くのISVが出展しています。
企業によってはここで1年分の商談を稼ぎ出すぐらいの会社もあるくらいです。
こちらはExpo会場の様子です。
日本と違って、AWSのイベントブースに来る来場者(AWSユーザ)はかなり本気で3rd Party製品の情報を収集しており、展示ブースの方々の真剣度も高いです。
昨年出展していたところも多くありますが、新たに大きなブースで出展している企業もあり、ベンチャーでありながら大きな投資をしてこのイベントでのリード取得にかけていることが伝わってきました。
AWSは毎年このイベントで多くの新しいサービスを発表してきますが、ISVからするとヒヤヒヤするところもあります。
AWSが同じような機能をいきなり実装された場合、ISVとしてはいきなりThe Endがくると感じました。
この辺はISVの宿命ではありますが、クラウドの進化するスピードを見極めつつ、Value Propositionを常に考えてより良いサービスをどう提供していくか、どう見せていくかを考えてなければならないと痛感した良い経験となりました。
来年(来年を待たずに色々と出ると思いますが、)はどんなサービスが出てくるのか楽しみです。